Register   Agency        
Register
Agency
Korean
Japan
English
Chinese

TOEIC Speaking

head_toeic_speaking

TOEIC Speaking

 

TOEIC Speaking

TOEIC(リスニング、リーディング)と同じでアメリカのETSで開発した英語スピーキング試験で、国際的なビジネス環境で英語で効果的な意思疎通をするのに必要な‘スピーキングスキル’を測ります。元のトイックはLC,RCを通して英語のスピーキングスキルを間接的に評価するのに対して、トイックスピーキングは英語のスピーキングスキルを客観的に評価します。

昇進、入社、教育/留学などに必ず必要なTOEIC Speaking, OPIDスピーキング実用語学試験は単純に文法や語彙などをどのくらい知っているかを測定する試験ではなく、実際、生活で効果的で的確に言語を使うことができるかふを測定する‘スピーキングスキル’評価です。単純に試験のスキルだけを伸ばしても点数は上がりません。

本当のスピーキングスキルを求めるこの時に!トイックスピーキングとOPICの各レベルに合わせて推薦されたスピーキング専門CNNプログラムで本当に話すことができるスピーキングスキルを持つことができます。

フィリピンでは18年の伝統と10年以上の経歴を持つ講師陣を自負するCNNで自然的な点数アップはもちろんのこと、スピーキングが自然に身に付く方法を教えます

 

構成    Main Course(TOS) – 8hrs

1:1 Lexis/PE (2hrs) + 1:1 TOSpeaking (2hrs) +TOS grp (2hrs) + L/C (2hrs)

TOEIC Speaking集中コース費用 : 80万ウォン / 4週

カリキュラム

CLASS TYPE TOEIC SPEAKING DESCRIPTIONS 備 考
1:1 (2hours)Lexis with Pronunciation Enhancement (PE)TOEIC – based vocabulary enhancement with extensive pronunciation drills
トイックに集中した全般的な
語彙と表現力向上と正確な
と発音とイントネーションの
集中コース
1:1 (2hours)TOEIC Speakingcontains all the six parts of the TOEIC speaking test to familiarize students with the test patterns.
Designed to develop strategies that will help students get better scores
6つのパート別に分け集中的に
攻略する方法で限られた時間内に
最高点数を達成できるように
精密に攻略するコース
1:4 (2hours)
TOEIC Speaking GroupDesigned to develop the interpersonal
skill of student by using situational
dialogues.
パート別試験過程を相互に
グループ状況分析の下に
実践問題学習と比較対比
学習コース
1:8 (2hours)
ESL Listening
Exposes students to different sounds of native speakers
聞いて自然に英語の感覚理解力を
アップさせるCNNだけの人気コースの
集中段階コース

TOEIC Speaking / TOEIC レベル関係

TOEIC Speaking TOEIC
Speaking レベル Scaled Score TOEIC 平均点数 TOEIC 平均点数TOEIC 点数範囲
8
170 and above975点950点to 990点
7
160910 点880点 to 945点
6
150845 点745点 to 875点
140780 点to 810点
130710 点to 740点
5120640 点605点 to 670点
110570 点535点to600点
4100500 点465 点to530 点
90430 点395 点to460 点
80370点650 点to390 点
3 and below70 and below285 点0to3450点

TOEIC Speaking vs OPIC 比較

 TOEIC Speaking OPic
形式統合的なスピーキング試験
(問題形式が決まっていて定型化された試験)
英語インタビュー形式
(実際のインタビューと類似)
時間   本試験(20分) オリエンテーション(20分)本試験(40分 )
時間制限各問題まだ準備時間と答える時間に制限あり
問題ごとに制限時間なし
合計40分内に出される問題に答えればよい
(質問に答えたあとクリックすれば次の問題が出題される)
問題数
11問12~15問
難易度
試験場を基準に同じ問題出題自己評価を通して個別の難易度を調整(個別選択)
問題形式
  パート別に様々な問題を出題
(文章読み、写真説明、意見提示など)


事前説明を通して受験者と関連した
     日常生活の問題
特徴
-繰り返し聞くことは不可能
- 6番までの問題をテクストで提供
-飛行機、年会の予約や会議、リサーチ関連
-内容などビジネス関連全般的TOPICに
 関するスピーキング試験
-繰り返し聞くこと可能
 (1回に限り問題を聞くことができる)
-問題をテクストで提供しない
-問題の出題方式が動画で人が問題を出し、
 模擬インタビューを見るような感覚になることがある